情報の海の中で

ネット上には様々な情報が流れています。うまく活用すれば、プロにも負けないスピードで情報を手にすることが出来ます。今や、あふれる情報の中で何が正しくて何が正しくないかを見分けることがトレーディングの一部になりつつあります。

また、「儲かる」「儲けさせる」情報が有料無料を問わず散乱しています。善意の優良サイトがある一方で、無登録者(業者)による責任の不明確な有料サービスが横行しているのも事実です。

簡単に誰でも儲かるを謳い文句にして会員を募り、うまくいかなくなればサイトごとすぐに消滅してしまうサービスが後を絶ちません。勝率や過去の実績を大々的に謳うサイトは疑ってかかるべきでしょう。

とくに、端っこのオプション売り(ストラングル売り、レシオコール、レシオプット、ダイアゴナルカレンダー)を中心にした戦略で勝率をかせぐのは、中途半端な経験者が初心者相手に提唱しがちな手法です。これらは「長期的には何回か大きな穴にはまる」のですが、数年間は儲かることもありますので、なかなか真価が見分けにくく厄介です。

すべて自己責任であるといえばそれまでですが、ライセンスをもった投資助言会社が有益なサービスを提供できていないことの裏返しだともいえます。証券会社にしても手数料自由化のあおりを受けて、投資家のまともな相談相手とはなりえないのです。

まじめな投機家を育てる

私たちは、決してオプションの運用がたやすいものだとは考えていません。オプションには、

など、投機の手段としては他の商品にはない多彩な魅力が多くあります。さらに手法についても日経平均のレンジを当てるシンプルな方法から金融工学を駆使した複雑なものまで、経験と能力に応じたスタイルが選べるのが特徴です。

選択肢が多く、容易な手法と高度な手法、安全な手法から危険な手法までが無限に存在するなかで、初心者でも割と簡単に勝ち続ける方法があることがオプショントレードの大きな罠となっています。おおざっぱにいって初心者が好む手法ほど落とし穴が多いといってもいいでしょう。プロは逆にこうした手法にこそ、細心の注意を払って望みます。そして、初心者の大群が遭難するときにその恩恵を浴しようと虎視眈々と待ち構えているのです。

複雑で奥が深いオプションという商品で、初心者が簡単に儲けを出せるはずがありません。普通の状態ではごくたりまえの理屈ですが、オプションにはそういう理性を失わせる魔力があるのです。

私たちは、そうしたオプションの罠を断ち切り「オプションの本質をとらえたうえで、まじめな投機家を育てる」ということに力を注ぎたいと考えています。

投機の世界で戦うということ

ファンダメンタルズが趨勢的に成長する世界においては、その伸びこそが投資の対価の総合計です。それ以外の部分は投機にほかならず、取ったり取られたりのゼロサムです。しらずしらず、株式投資をやっているつもりで投機になっているひとは多いです。

株式投資が難しいのは投資と投機の境目がはっきりしないことにあります。投資と投機ではその考え方や手法が違うにもかかわらず、違いを意識しにくいことに最大の問題があります。

ファンダメンタルズが成長する限りにおいては、「投資」しておけば時間とともにその対価は収穫できます。ファンダメンタルズの改善に長期的に賭けるだけでいいのなら、株式投資はのんびりとゆったりしたものになります。もし、アベノミクスが永遠であるなら、長期投資は報われるはずです。ここまでは、円安の恩恵を受ける輸出型企業が業績を伸ばし、株式市場の底上げが起こりました。しかし、低成長の重力がのしかかる世界経済においてアベノミクスが最後まで有効に機能するかどうかは全くわかりません。

投資か投機か曖昧な状態でいつ崩れるかわからない橋を渡るのであれば、先物やオプションできっぱりと投機に徹するというのもひとつの考え方だと言えるでしょう。

匠のオプション

そのために、オプションを使った匠の技を修得しておくことは有効だと私たちは考えています。オプションの本質を見極めながら、無限の戦い方がある中で、適切なリターンを狙っていく。これが3つのコースに流れる基本的な考えです。ひとりで伸び悩んでいるかた、一度退場しかけたかた、オプションの奥深さを学びたいかた、私たちと一緒に匠の技を磨いてみませんか。

レギュラーコース

レギュラーコースは理屈や合理性を重視します。大きな収益は狙えませんが、コースで身につけた基本をベースにトレーダーとして大きく成長したいかたを対象としています。現在兼業トレーダーとして取引されていて、なかなか壁を破れないかたを主な対象として考えています。

とくに、相場観だけで戦ったり、端のオプションを売りつづけても、最終的にはなかなかうまくはいかないと考えはじめたかたに特にお薦めします。

プロがどのような考え方でリスクをコントロールしながらポジションを構築していくのかを、実際のマーケットでモデルポジションを作りながら、アドバイスしていきます。実践を通じてオプションが学べるコースとなっています。

最初は戸惑いも

総合管理というこれまでとは全く違うやり方について行けず、あきらめてしまうかたも多いです。特定の戦略を組んでそれを決済して終わるという手法ではありませんので、どうしても最初は面くらってしまうようです。

それでも、がんばって2ヶ月を超えると、これまでぼんやりとしか見えなかったオプションのツボが見えてきます。最初の壁を乗り越えると、これまでとまったく違うオプションの世界が見えてきます。オプションに対する新たな意欲が生まれてきます。

とにかく最初は真似をすることが大事です。

わからないことは積極的にフォーラムで質問することで、ほかの会員からのアドバイスももらえ、さらに理解が深まります。儲けるための原理を追求したい方にはぴったりのコースです。